コロナ禍の飲食店

「認知」のための集客ツール

お店に足を運んでもらうには、まずは徒歩圏からの集客が重要となります。
定番ですが、看板や、日替わりメニューなどを書いたウエルカムボードなどを目立つ場所に設置することで、通行の際に目に留まりやすくなります。
ウエルカムボードに価格などを記載しておくと、価格帯が想像しやすいので、来店へのハードルを下げることに役立ちます。
また、ポスターやチラシも、値引きクーポンやドリンクチケットなどをつけておくと、保管してもらいやすく、また、来店動機にもつながります。
そして、グルメや飲食店ポータルサイトへの掲載も、重要です。
ポータルサイトには、利用者が希望する料理のジャンルや地域で検索されるため、今まで意識されていなかった人の目に触れる機会も増えます。
また、同様に、検索連動型のリスティング広告へ出稿する方法も、利用者のニーズに合った広告として表示されるので、「無関心層」の認知に役立ちます。

無関心層を集客するコツ

店舗の存在を知らない「無関心層」に認知してもらうためには露出を増やすことが最も重要です。
スマートフォンの普及で、どこでもすぐにネット検索できる環境下で、徒歩圏の人はもちろん、遠方に住まう方にも興味を持ってもらうためには、インターネットの活用がポイントになります。
ポータルの有料サービスを使用したり、リスティング広告を打ったりすることも、広範囲の人に認知してもらうきっかけになります。
無料で始められるSNSも、話題性を演出することで、ユーザー間で拡散され、認知度が高まる事もあります。
SNSでも広告オプションもあるので、効果的に活用すると、より多くの人へのリーチが可能になります。
これらの表示から、誘導される店舗のホームページを充実させておくことも重要です。
店舗の特徴が分かりやすく、また、「美味しそう」なメニューや美しい景色の写真などが多く表示されていると、認知につながりやすくなります。